当社のエシカル消費者自主宣言について

 

 

本当に美味しく,安心で安全なものを消費者の皆様にお届けしたいという願いを持ち日々農業を営んでいます。

 自社農園では、農業指導員の社長の指導の下、農薬安全基準を十分に理解した上で,基準値より大幅に低いとされる減農薬栽培で作物を育てています。

 さらに有機肥料栽培により,体に良いだけでなく素材本来の味を一層引き出すことに努力しています。

 

 

 

   もったいないをコンセプトに,加工品を作成しています。

 当社で肥料をお買い上げいただいている農家さんから,完熟したトマトや少しの傷や変形により商品としての基準を満すことができず、出荷できないものを買い取り,様々な工夫をこらしジャムをはじめとした加工品を製作し販売しています。

 

 

 阿波ノ北方米(コシヒカリ)のブランド化を目指し,特別栽培で米を栽培しています。米の評価特Aの基準とされる食味値80点以上をクリアされたお米です。

 しかしどんないいお米でもを玄米から白米に精米する際に発生するのが「米ぬか」です。

 しかしこの「米ぬか」には、たくさんのミネラルや栄養が含まれています。それをただ捨てるだけでは『もったいない』と感じ思考錯誤し特別な方法で、ふりかけを作っています。

 


 

 

これからも農業をするうえで『もったいない』を活用し阿波市の発展に向けとりくんでいことが。阿波ノ北方農園のエシカル宣言です。